美顔ボイストレーナーの日常。by鳥山真翔

話題の『美顔ボイトレ』!!数々の著名人の声を変えてきた鳥山真翔によるブログです。

病院で、発声障害、と言われた皆さんへ。

僕は、少しでもお役に立つことができます。

 

機能性発声障害

痙攣性発声障害

(けいれん性発声障害)、

構音障害、

変声障害、

声変わり障害、

吃音、

仮声帯発声、

失声症

心因性失声症

ボガート・バコール症候群、

 

etc...

 

 

何もしない、

遠回りするなら、

 

ボイストレーニングの可能性を試してください。

 

どんなボイトレも効かなくても、

僕に一度会ってみてください。

 

大丈夫ですよ。

 

 

僕には、、

 

声が見えます。

 

 

 

 

 

 

鳥山真翔

 

 

 

↓公式HP↓

鳥山真翔考案美顔ボイトレ®

 

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

 

 

 

 

【5月】鳥山真翔ワークショップスケジュール

 

皆様こんにちは。スタッフです。

 

2019年 5月

 

の鳥山真翔による講座日程を解禁しましたのでお知らせいたします♩

 

f:id:tori_bigan:20190408203733j:image

 
※お申し込み方法は、このブログの一番下に掲載されております。

 

【鳥山式 美顔ボイトレ®︎】

 

 


※ご好評につき、早い段階で席が埋まる可能性があります。ご予約はお早めに!!
 


 
《初めての方向けクラス》🔰
 
※説明等込み120min.
※各定員18名
※各回受講料6,480円(税込)

 

 

・3日(金)13:00〜大阪・天王寺

・5日(日)16:00〜東京・高田馬場
・ 8日(水)11:00〜東京・高田馬場
・15日(水)19:00〜東京・高田馬場
・19日(日)11:00〜東京・高田馬場
・22日(水)11:00〜東京・高田馬場
・24日(金)13:00〜大阪・天王寺
・25日(土)12:00〜大阪・天王寺
・26日(日)12:00〜大阪・天王寺
・29日(水)11:00〜東京・高田馬場


 

 
《2回目の方向け応用クラス-words-(滑舌編)》
 


※90min.
※各回受講料6,480円
※各回定員15名

 

・3日(金)16:00〜大阪・天王寺

・8日(水)14:30〜東京・高田馬場
・11日(土)16:00〜東京・高田馬場
・26日(日)16:00〜大阪・天王寺

 

 


《3回目の方向け応用クラス-breath-(呼吸編)》

 

 

※90min.
※各回受講料6,480円
※各回定員15名

 


・15日(水)16:00〜東京・高田馬場
・22日(日)14:30〜東京・高田馬場

 

 

 


【パーソナルレッスン】

※美顔ボイトレご受講済みの方限定。



 
60min.14,040円(税込) 
(個人レッスン60min.)
 
90min. 21,600円(税込) 
(個人レッスン60min.+カウンセリング30min.)

 

※日時応相談

 

♩歌唱力UP、印象UP、
美顔についてや、
舞台やレコーディングに向けた、
ディレクション

発声障害等、
声にまつわるパーソナルなお悩みに
全てパーソナルにお答えします♩

 

 

 

 

 

 
【その他イベント・書籍情報】
  


美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる
作者: 鳥山真翔(とりやままなと)
出版社/メーカー: 祥伝社
発売日: 2018/11/01

 

 

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

 

 


 

◇お申し込み方法◇

  
☆下記メールアドレスにメール📩
 
switchofvoice@gmail.com
 
又は、


 
☆HPコンタクトフォーム 


鳥山真翔考案美顔ボイトレ®
 


又は、

 

☆ストリートアカデミーサイト内 


株式会社スイッチオブボイス - 一万人以上の指導実績!声であなたの心のスイッチを♪ | ストアカ

 

 

 

皆様とお会いできることを、一同心よりお待ちしております♩

 

 

※情報は随時更新されます。

 

SwitchOfVoice事務局

 

【エッセイ】死に化粧。

祖母が、いつも飲まないビールを頼んだ。

 

「私も飲もうかしらね」

 

という一言と、これから祖母の体内に注がれるビールが、

どれほどの深い感情に包まれているのか、、

 

それを知っているのは、

この深夜のファミレス中を見渡しても、

きっと僕と妹だけだ。

 

不貞腐れたウェイトレスは、

こちらに何があろうと御構い無しに、

 

アルバイトの時間が終わる為だけに、

ルーチンワークで働き、そのオーダーを取った。

 

 

祖母が、

孫と乾杯なんて初めてね、とおどけてみせた。

 

僕たちは三人でジョッキを合わせたあと、

静かにそのビールを掻き込んだ。

 

 

f:id:tori_bigan:20190320195709j:image

 

 

2015年12月28日、

 

僕の姉が、癌で死んだ日。

 

 

逝ったのは、夕方のことだった。

 

僕と妹と祖母と叔父の4人で、その瞬間を見送った。

 

呼吸器の嫌な音がまだ轟く中、

姉のその苦しそうな顔を、

先生がいつもの優しい姉に戻してくれた。

 

涙は止まらないけれど、

これからあの世に送るために、僕と妹は、

まだ体温のほんのり残る姉に、化粧をした。

 

 

姉の赤い化粧ポーチには、

僕がライブの朝などにいつも借りていた眉毛ペンと、パウダーファンデーションが入っていた。

 

僕はいつも、自分で選ぶ化粧道具より、

姉が選ぶものが好きだった。

姉は化粧がうまいので尊敬をしていた。

 

 

『早く自分の買いなさいよ』

 

といつも姉に渋られたのを思い出して、

なんだかまた切なくなった。

 

眉毛とファンデーションは僕が担当し、

妹は口紅やチークを担当した。

 

僕たちはその最中、

気を紛らわすように冗談を言い合ったりしたけれど、

やはり溢れでるのは涙だ。

 

死んだ顔に化粧は、いかにしにくい。

向こうにいってもヨレないように、

アイブロウコートまでしてやった。

 

 

僕は化粧を終えると、

自分のクラッチバッグに、

姉の眉毛ペンとファンデーションを入れた。

 

死んだ家族のものだとしても、

なんだか悪いことをしている気がして、

 

妹には言わずに、くすねた。

 

 

「おねぇちゃん、おつかれさま。

本当に、よく、がんばったね、

いままで、本当にありがとう。」

 

と繰り返し、言った。

 

返事がないのが虚しかったが、

しばらくは聴力だけは残っている可能性があるとネットで見たので、

 

僕は「ありがとう」を、繰り返した。

 

化粧をした姉はいつもとは違う顔だった。

 

死んでいるからなのか、

僕と妹の化粧が下手だからなのか、、、

 

きっと、後者だろう。

姉は、本当に化粧がうまかったのだ。

 

霊安室に送り、手を合わせたあと、

すぐに遺体を葬儀まで安置してくださるところに、

移動した。

 

悲しむ間も無く、妹と二人で、葬儀の手配をする。

 

「この度は、心からお悔やみを申し上げます」

 

と現れた、神妙な面持ちのハゲが、

僕と妹を担当した。

 

 

f:id:tori_bigan:20190322155729j:image

 

 

その人はウミガメのような顔をしていた。

 

ウミガメの、わざとらしいその顔が滑稽すぎて、

そして、

畳み掛けるオプションの説明に、嫌気がさした。

 

どいつもこいつもこんな時にまで商売っ気を出してくるのだ。

 

 

なんか不謹慎だなぁ、と面食らいつつも、

ウミガメは、それで飯を食ってるのだから仕方ないと思って話を聞いた。

 

「お化粧はどうしましょうか」

 

妹と顔を見合わせた。

 

そこそこの料金なのである。

 

僕と妹はなんとなくこだわりがあり、

一旦拒否しをたが、

プロの方がやることの大切さをウミガメに熱弁された。

 

結局、頼むこととなり、

葬儀当日、化粧の出来栄えは、なかなか素敵だった。

 

おくりびと」の映画で見ていたような想いを感じた。

 

 

それでも僕は、なんとなく納得がいかなかった。

姉は、きっとあのファンデーションと眉毛ペンに思い入れがあっただろう。

 

 

『死人にくちなし』

という言葉を目の当たりにした。

 

おねぇちゃん、満足しているの?

プロの人のメイクが嬉しい?

それとも自分の道具が良かった??

 

 

そんなことを心の中で口ずさむも、

関係なしに、棺は閉じられた。

 

 

f:id:tori_bigan:20190322160451j:image

 

閉じられた瞬間、

僕は思い出したかのように

慌てて胸ポケットをさぐり、

 

前の晩、

泣きながら姉へ書いた手紙を、

 

姉の棺に放り込んだ。

 

一緒に過ごした26年間の感謝を、

天国で読んでくれるかな、

なんて希望を馳せたが、

 

なんだか、虚しくなる一方だった。

 

「私は死にたくなかった」と思っている人間に、

ありがとう、と伝えるのは、

なんだか気が引けた。

 

おねぇちゃんがどう思っているのか、

わかればいいけど、

わかる術なんてない。

 

死人からのレスポンスは、

遺されたものの、自由な空想のみだ。

 

それでもきっと喜んでいる、と信じて、手紙を放った。

 

 

そして、姉と一緒に、燃えて、煙になって、

空に消えた。

 

 

f:id:tori_bigan:20190322161101j:image

 

 

 

 

僕は3年後の今もまだ、

ありがたいことに、

人前にでる仕事を続けさせていただき、

 

人前に出るときは、

化粧をしている。

 

引かれるかもしれないが、

大事な夢が叶う撮影や舞台では今も、

 

姉の遺したパウダーファンデーションと、

眉毛ペンを少しだけ、使ってみる。

 

 

化粧品も腐るので、

いっぱいは使えないんだけど、

それが、心のお守りになってる。

 

きっと天国から見守ってくれて、

僕の夢を叶えてくれているのかなって、

勝手に空想する。

 

 

「そんな腐ったもの捨てなさい」

と怒っているような気もするし、

 

「想い出してくれてありがとう」

と言っているような気もする。

 

 

 

感情の設定も自由にされてしまうからこそ、

死ぬのは、怖い。

だからこそ、

僕は、死んだ人の気持ちを、めいいっぱい想像しようと決めたのだ。

 

 

 

 

 

板橋区のファミレスで、

ビールを飲みながらこのブログを書いている。

 

 

そういえば、ここ、

姉が死んだ日に、祖母と妹と三人で来たっけ、

と、ふと思い出したのだ。

 

 

やけになってもう一杯ビールを頼んでみたが、

今日のウェイトレスのおばちゃんは、

えらく愛想がいい。

 

 

そのおばちゃんの時給計算外のスマイルに、

なんとなく、救われた。

 

 

 

 

 

 

鳥山真翔

 

 

↓公式HP↓

鳥山真翔考案美顔ボイトレ®

 

 

 

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

 

 

【4月】鳥山真翔ワークショップスケジュール

 

皆様こんにちは。スタッフです。

 2019年 4月

 

の鳥山真翔による講座日程を解禁しましたのでお知らせいたします♩





 
※お申し込み方法は、このブログの一番下に掲載されております。

 

【鳥山式 美顔ボイトレ®︎】

 

 


※ご好評につき、早い段階で席が埋まる可能性があります。ご予約はお早めに!!
 


 
《初めての方向けクラス》🔰
 
※説明等込み120min.
※各定員18名
※各回受講料6,000円(税込)

 


3日(水)11:10〜東京・高田馬場
・ 6日(土)11:00〜大阪・天王寺
・11日(木)11:10〜東京・高田馬場
・13日(土)11:00〜東京・高田馬場
・14日(日)11:00〜東京・高田馬場
20日(土)11:00〜大阪・天王寺
・24日(水)11:10〜東京・高田馬場
・27日(日)11:00〜東京・高田馬場
・30日(水)11:00〜東京・高田馬場


 


 
《2回目の方向け応用クラス-words-》
 




※90min.
※各回受講料6,000円
※各回定員15名

 
・3日(水)14:30〜東京・高田馬場
・5日(金)16:00〜大阪・天王寺
・13日(土)14:30〜東京・高田馬場
・21日(日)12:00〜大阪・天王寺
・24日(水)14:30〜東京・高田馬場
・30日(火)14:30〜東京・高田馬場

 

 


《3回目の方向け応用クラス-breath-》

 


※90min.
※各回受講料6,000円
※各回定員15名

 
・5日(土)19:00〜大阪・天王寺
・11日(木)14:30〜東京・高田馬場
・21日(日)14:30〜大阪・天王寺
・27日(土)14:30〜東京・高田馬場



 


【パーソナルレッスン】

※美顔ボイトレご受講済みの方限定。




 
60min.10,800円(税込) 
(個人レッスン60min.)
 
90min. 14,000円(税込) 
(個人レッスン60min.+カウンセリング30min.)

※日時応相談

♩歌唱力UP、印象UP、
美顔についてや、
舞台やレコーディングに向けた、
ディレクション
声にまつわるパーソナルなお悩みに
全てパーソナルにお答えします♩



 
【ゴスペルワークショップ(SOV)】

 





※各回120min.
※各回受講料 3000円
※各回初心者大歓迎♡

 

・6日(土)14:30〜大阪・天王寺
・14日(日)14:00〜東京・中目黒
・18日(木)19:30〜東京・代々木
20日(土)14:30〜大阪・天王寺
・25日(木)20:00〜東京・代々木
・28日(日)14:00〜東京・中目黒







 
【その他イベント・書籍情報】
 

 

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

 



美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる
作者: 鳥山真翔(とりやままなと)
出版社/メーカー: 祥伝社
発売日: 2018/11/01




 

◇お申し込み方法◇

  
☆下記メールアドレスにメール📩
 
switchofvoice@gmail.com
 
又は、
 
☆HPコンタクトフォーム 
鳥山真翔考案美顔ボイトレ®
 


又は、

☆ストリートアカデミーサイト内 
株式会社スイッチオブボイス - 一万人以上の指導実績!声であなたの心のスイッチを♪ | ストアカ





皆様とお会いできることを、一同心よりお待ちしております♩



SwitchOfVoice事務局




【エッセイ】イビキ。

f:id:tori_bigan:20190306212226j:image

 

19時20分。僕は今新幹線の中にいる。

仕事で東京から新神戸へと向かう車内だ。

 

新横浜を通過したあたりから、

それは、僕を襲った。

 

隣には僕と同い年ぐらいの男が座っている。

 

スーツ姿で髪をジェルで固め、

腕にしているアップルウォッチは少しオシャレにカスタマイズされている、

今時のサラリーマン風の男だ。

清潔感もあり、顔も悪くないし、所得もそれなりにありそうで、

「幸せ」の典型のパターンに見える。

 

普段新幹線に乗る際に、

隣の人を意識することはなかなかないが、

 

こんな夕方から酒臭く、

脚を広げこちらのエリアにまで侵食し、

態度も横柄な彼に、

僕は少しだけ嫌悪感を抱いた。

 

新横浜を過ぎたあたりから、

彼は「イビキ」をかきはじめた。

しかも、相当なボリュームだ。

 

リズム感も悪いし、音程も高く、

一番僕の聴覚に入り込んでくるパターンのいびきだった。

 

生理現象とはいえ、周りは迷惑そうだし、

僕はたまらずイヤフォンをして、大好きなキンプリや星野源の音楽を流してみるものの、

 

彼のイビキは、ちょうど何ヘルツかの奇跡で、

イヤフォンの隙間をかいくぐってこの音楽に参加してくるのだ。

 

まるで、この不快感は、

昔、お台場の大江戸温泉で体験した、ドクターフィッシュのようだと思った。

 

足の小指と薬指の間に強引に突入してくるあの気の狂った小魚のように、

僕の抵抗も、全て無駄にし、不快感のみを与えるのだ。

 

あれは不快だったが、あれのほうが断然いい。

 

足の古い角質を食べてくれる副作用として、

若干の不快感があるだけなのだから、それは耐えることができる。

 

対して彼のイビキは、僕に何のメリットを与えた上での副作用なのだろうか。

 

f:id:tori_bigan:20190306205926j:image

 

とにかくこの状況を打破したい。

前に座ってる人も後ろに座ってる人も、

僕に全てを賭けてくれているのがオーラでびんびんに伝わってくる。

 

「よし、戦おう。」

と思った。

 

僕も呼吸器の専門家的だ。

イビキの主な原因は、「上気道」の狭窄にある。

 

彼の音を聞けば、軟口蓋が挙上しつつも、舌が下がっているという最悪の倍音を生み出すパターンだと僕には推測できる。

 

解決策は、まずは口呼吸をやめさせることにある。

 

とりあえず左の太ももで少し彼を刺激してみる。

一瞬、いびきは止まった。

 

周りの人たちの安堵感が伝わってくる。

 

いびきは浅い睡眠だからこそかくパターンもあるので、この一瞬の解決は、

特に意味を持たないことを僕は知っている。

 

そう案の定、、、

2分後には、

 

彼は再びイビキを再開した。

 

僕が刺激したせいでさらに彼の睡眠は浅くなり、

イビキはさらにパレードと化した。

 

僕には生まれ持った正義感がある。

これは母譲りだ。

「周りの人を助けるには、

自分の身は少し滅んでもいい」

というのが母の背中が教えてくれたことだ。

 

僕は何としても、彼にどう思われたとしても、

この車内のヒーローになるべきなのだ。

 

とにかく口呼吸をやめさせるには、

頚椎の角度が大切だと思った。

彼の首をカクンと落とせばいいのだ。

 

 

僕は、立ち上がった。

 

トイレに行くふりをして、彼をまたいだ。

 

1分後、戻ってみて、上に乗せたトランクの荷物をとるふりをして、

彼にヒップアタックをした。

 

僕の尻は上手く彼の肩にあたり、

彼の首は通路側へと落ちた。

 

 

 

「「敵将、討ち取ったり!!!」」

 

 

 

僕は昔やったゲームのセリフを心で叫んだ。

そして、彼のイビキは止まった。

 

この5号車國の民々よ、私に拍手喝采を送るがいい。

ここがエルサレムならばホサーナと叫ぶがいい!!

 

僕はやったのだ。

 

気がつけば三河安城を通過したと車内の画面に出ている。

 

実は、随分長いこと、

彼と僕たちは戦っていたのだ。

 

 

 

f:id:tori_bigan:20190309210609j:image

 

 

ようやく、、

 

安心してまたキンプリの新曲に耳を傾けると、

またその曲に何か「嫌な予感」がハーモニーとしてレコーディングされていた。

 

 

こんどは後ろのおばさんだ。

 

 

さっきよ彼のイビキよりも、

より爆音だ。

原付と、アドVぐらい違う。

 

 

 

もうだめだ。

 

 

 

不愉快なことは、運が悪ければいくらだって続く。

それは、どうあがいても対応できないこともある。

 

結果、不愉快なことが起きた時に、

自分がどのような感情の処理をするか、なのだ。

人のせいにしても何も始まらない。

 

人生とは本当に不思議だ。

人生とは忍耐だ。

 

イビキをポジティブに考えようとしても、

どうしてもポジティブにできない。

 

そして、結論、

 

「次は耳栓を持ってこよう。」

 

ということを心に決めた。

それしかもう感情の処理方法がないのだ。

 

あがいても不運は再び必ず起こる。

同じことが起きた時に、

二度とその苦しみを自分が感じない準備をしっかりとしておくこと。

 

 

すべて、自分の業で、

すべて、自分の責任なのだ。

 

それを感じることのみが、きっと、

人生をうまく過ごす攻略法なのである。

 

 

 

 

鳥山真翔

 

 

↓公式HP↓

鳥山真翔考案美顔ボイトレ®

 

 

 

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

 

 

 

【エッセイ】僕はゲイだけど女じゃない。

うんざりしていることがある。

 

 

「今からゲイの知り合い、来るよ」

 

 

僕と一緒に食事やパーティをする方は、僕のことをきっとこのように事前告知をする。

 

し、僕自身も、これまで、

これからゲイが来るというたびに、告知されたことがある。

 

 

別に、「女(男)友達くるよ」

「○○の仕事をしてる知人が来るよ」

と言うのとなんら変わらないから、そのコマーシャル自体には何ら問題はない。

 

問題なのは受信者側で、

「ゲイの知り合いがくるよ」に対して、

それぞれがどんな甲冑(かっちゅう)を身に纏うかが問題なのである。

 

初対面の人と会うときには、人はある程度の心の武装をする。

しかし「ゲイの知り合い」に対するこの時代にそぐうような甲冑は、

まだまだマーケットには流通されていないのだと思う。

 

 

さらに言えば、

僕と会った瞬間に、

 

「実は"これ"なんでしょ?聞いたよー」という、

手の甲をそらし、顔の横に持ってくる、

よくあるオカマを揶揄する動作をするジジィババァもいる。

 

彼らには、アナログ放送から地デジに乗り換え遅れたような、錆びれた、センスの悪い甲冑しか用意できないのだ。

 

 

もう放送が切り替わったのは何年まえだったかしら?

草なぎくんがいっぱいPRしてたな。

東京スカイツリーができたのは何年前だったであろうか。

小渕総理が掲げた平成の書も、昨日のことではないのである。

30年もはるか、昔だ。

 

 

 

f:id:tori_bigan:20190305205419j:image

 

 

 

 

甲冑トークで言えば、僕自身も、ボイストレーナーとしてまだ駆け出しの頃、

 

「女優の○○さんのレッスンをお願いします。」

 

と言われたら、

その日を迎えるまでガチガチに鎧を何種類も磨き、

 

まずその女優さんに会ったら

「いつも拝見してます」と言うか、

あまりミーハー感をださないで、偉そうにするか、、、

 

どのようにするかを死ぬほど悩んだ時期もあった。

 

結果ミステイクを起こし、

一回で警戒されることも多々あった。

その瞬間、僕のことは一般人だと認知し、二度と来なくなった女優さんもいる。

 

 

そう考えれば、やはりゲイであれど、

人格やプライドだってあるんだから、

 

「ゲイ」をメインタイトルとして僕を扱うのであれば、

それなりにナチュラルな対応をしてほしいものである。

 

 

死ね、って思うワードを羅列していこう。

※あくまで個人の感想です。

 

 

  • 「私、そうゆうの全然平気だから〜」
  • 「私、ゲイに好かれるのよねー」
  • 「私のゲイ友達紹介したいー」

 

 

この辺はもう言語道断、慣用句としても相当低レベルなのである。

甲冑にすらなっていない、そもそも人の気持ちのわからない人間だ。

 

しかしながら僕は何百回と、このワードを聞いたことがあるから、世の中的には、

 

「How are you?」

「I'm fine thank you, and you?」

 

的な感じの定型文なのだろう。

 

 

  • 「彼とどっちが女なの?」
  • 「聞いていいかわからないけど、どうやってセックスするの?」
  • 「後ろってきもちいいの?」
  • 「いやーんガールズトークしよー♡」
  • 「女子より女っぽーい♡」

 

言わせていただくが僕はゲイだけど、女ではない。

そして、今付き合ってる彼も、これまで付き合ってきた彼も、女ではない。

 

もちろんトランスジェンダーの子もいるし、

女子より女の子っぽい、繊細で、女性より女性的なセンスのある子もたくさんいる。

けれど、それも、全てのゲイに当てはまるわけでもない。

 

決めつけられても困ってしまうのである。

 

僕は美顔エクササイズの専門家ということは、

世間的には美容家でもある。

が、それは女子より女子っぽい、わけではないのだ。

 

美容に興味がある、イコール、女

 

で結んでいる時点で、

平成という時代に置いて行かれればいいと思う。

 

男性だって当たり前に美を追求する時代だ。

今の高校生や大学生はみんな当たり前のように追求する。

 

男が眉毛を整えたらオカマと呼ばれた時代もあったらしい。

 

時代は時代でいいけれど、

じゃあ今は新時代なのであるからこそ価値観を変えていただきたいのである。

 

 

f:id:tori_bigan:20190305210756j:image

 

 

「今からゲイの知り合い、くるよ」

 

 

に対してどんな甲冑を纏うか。

もう、次の時代にはそもそも甲冑なんて必要ないのである。

 

それぞれがひとりの人間だ。

全て、インディペンデントなのである。

 

こうあれ、こうなんでしょ、こうだったよね?

なんて、いらないはずだ。

 

 

僕は、彼にそんな話をしてみた。

 

「んー、無理やりわけるとしたら、

やっぱりマナトさんは男で、俺は女なんだと思います」

 

と、どうでもよさそうに、

昨日僕が残したじゃがりこの残りをボリボリ食いながら、おっさんのように、彼は言った。

 

 

無理やりわけてどこが女なのか。

どうあがいてもこのじゃがりこを食っている様は、男だ。

 

僕たちには、どうでもいいのだ。

うんざりしている。

 

女子力のかけらもない僕たちがパンツ一丁でボリボリ音を立てて、

うんざりしているのだ。

 

 

 

 

 

 

鳥山真翔

 

 

 

 

↓公式HP↓

鳥山真翔考案美顔ボイトレ®

 

 

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

 

 

 

音痴の大半は『内耳(脳への伝達)』へ頼りすぎていること。

音痴を治すのはおそらく日本一だと自負します鳥山です。

 

これまでテレビに出るタレントさんやアーティストの方も数多く教えてきましたが、

 

僕の元にくるレッスン依頼は、なぜか、

 

『もともと歌のうまかった人』

 

よりも、

 

『歌ったことがないけれど、突然企画でデビューすることになってしまい、ピンチ!!!』

 

といった内容のものが多かったのです。

 

ボイストレーナーへの責任は非常に大きいものです。

僕への神様からの試練ですね、、。

 

クライアントさんからはいつも、

 

『本当にこの子、大丈夫ですかねぇ、、、』

『鳥山さんに全てがかかってますよ』

 

 

とご心配いただくのですが、、

 

これまで乗り越えられなかったものはありません。

 

 

僕に断言できるのは、

 

『改善しない音痴』なんて人は、いないのです。

 

闇雲に音を合わせにいくトレーニングをされる方も多いですが、

僕は、ある脳の機能に着目し、

音痴の改善を図ってきました。

 

それは、

 

『聴覚』という、脳の機能 

 

であることです。

 

 

要するにここでお伝えしたいのが、

音を外してしまう原因は、

 

『耳が悪い』

のではなく、

『耳の使い方が悪い』

 

のです。

 

耳の機能について詳しく説明するのはこのページのみでは難しいのですが、

 

ご自身のことを音痴だと悩まれている方のためにこちらにちょっとした"コツ"をお知らせします。

 

 

f:id:tori_bigan:20190305161951j:image

 

 

耳の構造を知ろう。

 

まず、知っておくべき耳の仕組みについて説明します。

 

f:id:tori_bigan:20190305163226j:image

引用:さかした耳鼻咽喉科

 

 

超絶わかりやすく私が解説すると、

 

  • 空気などで鼓膜を振動させて外から音を拾う器官を外耳(がいじ)
  • 鼓膜から耳小骨など、音圧などを処理する器官を中耳(ちゅうじ)
  • 中耳で処理された音を神経などを通して脳に伝える器官を内耳(ないじ)

 

と呼びます。

この外耳、中耳、内耳、

3つのシステムが繊細に稼働して、ようやく聴力、となるのです。

 

 

そもそも、聴力、という言葉と、

聴覚、という言葉は意味が大きく違います。

 

聴力、とは、主に外耳〜中耳のシステム

聴覚、とは、主に中耳〜内耳のシステム

 

だと思ってください。

(耳という文字がゲシュタルト崩壊しそうですね笑笑)

 

どれが機能低下しても『難聴』と呼びますが、

 

私がお伝えしたい、

音痴の皆さんが着目すべき機能は、

 

内耳(脳・神経)の機能

 

だと思ってください。

ようするに聴覚の異常です。

 

一般に、内耳の機能低下による難聴を、

 

感音性難聴(かんおんせいなんちょう)

 

と呼びます。

 

ボイストレーナーとして1万人以上を指導してきましたが、

その経験から安易に推測できるのは、

 

物理的な聴力を無視しすぎたため、

脳の処理がうまくいってないことが、ほとんどなのです。

 

感音性難聴と言ってしまうと、補聴器を装着するなどの対策が必要ですが、

 

『音痴』という日常に支障のないレベルの話では、

ちょっとしたコツを掴めば、

 

改善する見込みが高いのです。

 

 

 

f:id:tori_bigan:20190305165411j:image

 

 

 

頭で考えずに、外の音に身を委ねよう

 

僕がたくさんの音痴を救うために、

耳の機能を研究しはじめてから、

あらゆる方法を試しました。

 

それが内耳異常だと確信したきっかけは、

ゴスペルレッスンを行なっている時なのです。

 

昔は僕のゴスペルレッスンでは、楽譜を配っていました。

 

ぶっちゃけ、楽譜を即読めもしない人がほとんどなのに、

 

なぜか、、、

みんな欲しがるのです。

 

外国のチャーチに行ったら笑い飛ばされるでしょう。

 

そして、そんな欲しがる人たちに限って、

見事に音が取れないのです。

 

沢山のボーカルに触れ合って確信できるのは、

 

楽譜を見ている人よりも、

楽譜を見ないで僕の声を聞きながら音を取ろうとする人の方が、

はるかにピッチ感がいいのです。

 

 

そもそも発声や演奏をせずとも、

頭の中で音を正確に鳴らせる人のことを、

絶対音感

と呼びます。

 

7歳までに絶対音感があるかが決まると言いますが、

それは、類稀なる能力です。

 

それ以外のほとんどの方は

相対音感

であるはずだから、

 

相対的に聞こえてくる音を無視し、

楽譜の世界に入り込んで、

 

「この音を出そう」なんて意気込んだところで、

それが正確に発声できるかは、全く別の話なのです。

 

 

f:id:tori_bigan:20190305170543j:image

 

 

 

解決策:外に出た自分の声を聴くこと

 

 

頭の中に音を鳴らしているつもりで歌っている人の大半が、音痴への階段を登られます。

 

こと、聴覚だけで言えば、

 

本を黙って読んだ時に、

自分の声が聞こえる人と、

自分の声が聞こえない人、

すら分かれているのです。

 

音が外れている時点で、

その聴覚野の発達は未完全なのに、

 

必死に頭の中のみで音を鳴らそうとするのです。

それでは、頼るものがありませんから、

内耳の機能は低下していく一方でしょう。

 

 

それでは、改善はなかなか難しいです。

 

 

詳しくはレッスンで!ですが、

僕がここでお伝えできるとすれば、

 

 

しっかり 『外耳 』の機能を使って、

自分の声を聞くべきなのです。

 

 

頭でイメージした自分の声でもなく、

ただ骨で体内で共鳴した声でもなく、

 

『外に出ている自分の声』

を聴くべきなのです。

 

そして、音楽の必要要素は、

音程、リズム、ハーモニーなのですから、

 

しっかり、外の音を聴いてリズムを取り、

外に流れるハーモニーも聴くべきなのです。

 

内耳のみで処理しようとしてきた方、

もしくは、

そもそも何の考えも持っていない方、

 

は、まず自分の声をどこから聴いているか、確認してみてください。

 

もう一度だけ言います。

 

頭の中で処理した音

でもなく

体内に響いている音

 

でもないのです。

外に共鳴している自分の声

 

に耳を傾けてください。

 

当たり前のようですが、できている人、少ないですよ^_^

 

 

 

 

 

鳥山真翔

 

 

↓公式HP↓

鳥山真翔考案美顔ボイトレ®

 

 

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる

 

 

 

#音痴改善 #発声障害 #ボイトレ